隙間時間で月5万円の副収入!

現在、副業をしている人はどれくらいいるのでしょうか?経済産業省の調査では、副業をしている人は働いている人全体の7.7%。しかし、これから副業をしてみたいと考えている人は50%を超えています。

副業をしている人の年収はどうなっているのでしょうか?副業をしている雇用者で年収500万円を超えている人は約36.5%。日本の給与所得者の年間平均給与は422万円くらいなので副業で、月5万円、年間で60万円以上稼いでいけば、この年収ゾーンに近づくかなと、イメージできるのではないでしょうか?年収はたかくなるのはいいけど労働時間も増えているのでは?と調べると、副業をしている人の労働時間は働く人全体の労働時間とあまり変わらないことがわかります。

新しい副業はスマホ時間でプラットフォームを活用する

これらの調査から副業で年収を増やしている人は時間の使い方がうまいのではと推測されます。そこでおすすめしたいのが新しい副業です。新しい副業では副業をしたい人と仕事の依頼主を仲介するサービスを利用します。副業をしたい人はスマートフォンやパソコンで隙間時間に好きな場所で仕事に携われます。ちょっとした知識や経験をいかして、あるいは知識・経験なしでも工夫次第で副収入が得られます。

仲介サービスを提供する企業は、商品の売買や仕事の受発注などすべて行えるプラットフォームという仮想取引空間をネット上に用意しています。副業したい人はプラットフォームに登録し、アカウントという取引口座を作り、ネット上で仕事の依頼を請け負ったり、お客様と直接コミュニケーションを取り、収入を得る仕組みです。

2018年から就業規則モデルが「許可制」から「届出制」により、より副業しやすくなります。この機会に「新しい副業」に挑戦しましょう。

新しい副業は自分の都合に合わせられる

副業というと求人サイトでバイトを探し、電話やメールで問い合わせ、履歴書を準備して面接に行く。採用されると何時までには必ず来て、何時まで働いて下さい。と拘束されるイメージでした。これでは本業に差しさわりが出てしまいます。

また知っている人に出くわして、バイトがバレてしまってはマズいので、後ろめたいイメージもありました。それに比べて新しい副業は登録から仕事の受発注、支払いまでネット上で完結する仕事が多いので、納品の責任はありますが、場所や時間で拘束されることはありません。対面する仕事もありますが、副業していることがバレにくいことも特徴です。

今までの副業イメージとは

始めにくい
求人誌・求人サイトで探し、応募書類を書いて面接に行く。スケジュール管理され、自分の都合で調整しにくい。

拘束される
決められた時間に決められた場所で従事しなくてはならない。もし本業で何かあっても休めない。

バレやすい
多くの人と顔を合わせて働く場合は、知り合いに出会う確率も高く、バレやすい。副業解禁といってもなんだかバツが悪い。

新しい副業のイメージとは

始めやすい
プラットフォームに登録するだけ。どこかに出かけて手続きする必要はない。始めるのに費用もかからないものが多い。

拘束されない
自分の都合がよいスキマ時間か活用できる。自宅やカフェ、コワーキングスペースなどで作業できるので場所の制約もない。

バレにくい
受注から振り込みまでプラットフォーム上で完結する。仕事相手以外には自分のことも非公開にできるものが多いので安心。

新しい副業は評価で収入が変わってくる

新しい副業は時間や場所に拘束されず、スマホやパソコンだけですぐ取り掛かれるメリットがありますが、気を付けたい点があります。

その一つ目は「仕事の質が評価される」ことです。副業を仲介してくれる、制作したものを販売する場を提供してくれるプラットフォームの多くは、仕事をした人、販売した人に、依頼した人や買った人などのユーザーから評価やレビューがつきます。その評価はプラットフォーム上で利用者に公開されます。そこで、低い評価がついてしまうと、新しい仕事の依頼が減ってしまいます。反対に高い評価や好意的なレビューが自分につくと仕事の依頼も増え、うまく仕事が回りだすでしょう。継続して収入を得たい、さらに収入を伸ばしていきたい、高い質の仕事や作品を提供するよう努力し、相手と気持ちよく取引するように心がけましょう。

始めるのもカンタンですし、スキマ時間を活用できる新しい副業ですが仕事の質こそが大切になります。

気軽さゆえにデメリットも!

2つ目のポイントは登録するだけではなく何かしらの工夫をしないと収入が得られないことです。工夫についてはプラットフォームにより様々ですが、基本的には、自分に声をかけてもらいやすいように、経歴や自分が出来る仕事内容を人にわかりやすく説明する事です。また自分でもソーシャルメディアで宣伝する事などの工夫も収入が得られる一歩だと思います。

3つ目のポイントは何のために副業をするのかという心の持ち方です。収入を増やすことだけを目的に色々と気軽に手を付けてしまった結果、副業に忙殺されるだけの毎日になってしまう可能性も考えられます。時間をうまく使って稼ぐだけではなく、その副業の経験を自分のスキルアップにつなげる、また副業にいかすなどの目標を持てば、金銭だけではなく自己キャリア形成に役立つはずです。

そこまで難しく考えず、まずは自分の好きなことや得意なこといかして楽しい時間を過ごしたいという目的でも自分のスキマ時間が充実するでしょう。

収入と拘束時間を軸に新しい副業を探してみよう

さまざまな新しい副業が登場しています。話題になったり、注目されている副業を紹介していきますが、ここでは収入と拘束時間によって、新しい副業を分類してみます。。新しい副業は拘束時間などないのでは?と思われるかもしれません。もちろんスマホやパソコンでほとんどの手続きは済みますが、実際に対面で何かを教えたり、ユーザーを案内したり、リアルの馬で時間的に拘束されるものがあります。しかし、新しい副業の場合、その拘束時間は自分のスケジュールに合わせて決められるのもばかりですので心配はいりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました